株式会社福しん

株式会社福しん

応募の入り口を1本化し、選考フローを簡略化

応募者からの電話に取れない過去

事業内容

池袋を中心としてラーメン・定食チェーン店「福しん」を32店舗運営しています。いつもできたて熱々!ラーメン・定食の福しんは「街の食卓」を目指しています。
国産野菜にこだわった“餃子”、白米から作る“チャーハン”、まごころのこもった“ラーメン”、提供のスピード、店舗の清潔さの5つのこだわりを軸に日々の営業をしております。

― 応募から選考までの流れを教えてください。

笠原氏:弊社は基本的にHPや、店舗の張り紙を見て応募をされる方がほとんどです。
HP上に、ApplyNowのオプション機能である求人作成機能を使って応募の入り口を作っています。またその求人募集枠を、Googleしごと検索やindeedへ連携し、無料掲載させています。
また店舗に求人チラシを貼っていまして、その中にApplyNowの募集ページへ遷移するQRコードを入れているので、気になった方はご自身で読み込んで応募をする流れになっています。
選考に関しては、まず応募が入った時にはApplyNow上に動画やプロフィールが登録されています。現場のマネージャーがプロフィール等を見て、合否を出します。合格であれば即、店舗に挨拶に行く手配をし、その場で入社をする流れとなります。応募者様によっては再度面接をする場合もあるが、基本はApplyNowの登録のみで合否判断をしています。

― 導入前の採用課題を教えてください。

過去、応募の受付方法がほぼ100%電話になっていました。電話は本社に繋がるようになっていたので、対応に工数がかかっていました。また応募いただいても電話に出られなかったり、折り返しても連絡が繋がらないと2〜3日を要してしまうこともあるので、結果的に面接まで至らないケースも多くありましたね。導入後は基本的に一次受付がApplyNowになるので、電話対応は劇的に減りました。
また店舗でも、最近は電子マネーの対応等、様々な部分でIT化が進んでいるので、抵抗感なく対応できる方がいると非常に助かります。そういった面でApplyNowを使ってスマホで問題なく応募をいただける方というのは1つの選考基準にもなっています。

応募者の途中離脱を解消するために導入

― 導入きっかけを教えてください。

電話対応の遅れや、遅れによる応募者の途中離脱を解消するために導入しました。
やはりマネージャーや店長の手が空く時間と応募者様が電話対応できる時間が違うので、24時間365日対応ができる録画選考という手法にとても魅力を感じたのが導入きっかけですね。

― 導入する前、不安に思っていたことを教えてください。

「マネージャーや店長がシステムを使いこなせるのか?」という不安がありました。
弊社の社員は中国の方は30代前後なのである程度使えそうという感覚はありましたが、日本の方は50代前後がほとんどです。また使い始める際は、「また接客業が得意な方を逃してしまうんじゃないの?」「通常通り電話で設定して面接をしたほうがいいんじゃないの?」という声も多くありました。ただそれはあくまで企業側の都合であり、応募者によっては「すぐに合否を決めてもらいたい」や「合格するかわからない面接に行くのが億劫」というようなニーズもあるだろうと予想し、導入にいたりました。
実際導入してみると、担当者の方がフォローをしてくださり、不明点があれば都度確認できること、また管理画面も見やすく操作も簡単でしたので、選考もスムーズに対応できています。

本社の電話対応が80%削減

― 導入後の気づきがあれば教えてください。

まず良かった点としては、ApplyNow使うことで本社の電話対応が80%ほど削減されたことですね。導入前は、応募者と店舗の間に本社を挟んで対応していたので、このタイムラグが解消されたのは大きな一歩です。
大変だったのは、求人作成にあたって募集枠を1店舗ずつ編集しないといけない点ですね。募集時間や質問事項が変わる度に手作業で編集をしないといけないのですが、最近は一括で募集枠や質問を編集できることになったので、その手間は解消いただいていますね。
またマネージャーや店長にApplyNowの使い方を落とし込むのが大変でした。しかしApplyNowの担当者の方に、弊社専用の対応フローをまとめてもらったので、そのフローを店舗に配っています。まだ課題は残っているので、今後更に使いこなせるように担当者の方と作戦を考えていければと思います。
また動画撮影が恥ずかしいと思う方もいらっしゃると思います。そういった方は音声だけでも判断ができるかもしれませんね。外国籍の方は、日本語を話せるかどうかは重要なので、これから実験的に実施をしていきたいと思っています。

― 導入を迷っている方へ一言お願いいたします。

面接を手配するまでの過程で時間がかかっている企業様は、確実に時間を短縮できると思います。また応募者様もすぐに連絡が来ることはとてもメリットになると思います。弊社では、選考結果の連絡は基本的にすぐにおこなうようにしています。やはり1週間も応募者の方を待たせてしまうと企業側の印象も悪くなってしまうと思うんですよね。また応募者の方は応募した瞬間が1番意欲が高い状態ですので、即対応して合否を出すことで、意欲そのままに入社までたどり着くのではと思います。
採用の悩みはつきませんが、ApplyNowの担当者様と一緒に歩んでいきます。

 

笠原様、貴重なお話ありがとうございました!